Archive for the ‘未分類’ Category

しそ酢ダイエットのポイントについて

しそ酢ダイエットで1日に摂取するしそ酢の量は、1日30~40mlがおすすめです。自分の好きな味に薄めて飲んで良いようですが、あまり濃いと胃が荒れることがあるようです。たとえ水で7~10倍くらいに薄めても、しそ酢のダイエット効果に変わりはありません。食後に摂ったほうが良いのは、胃の粘膜を傷つけることがある胃腸の弱い人です。胃腸に負荷がかかって下痢になってしまうことが、空腹のときに濃縮されたしそ酢を飲んだ場合にはあるといいます。

 

すぐにしそ酢を摂取したからといってダイエットができるわけではないといえます。しそ酢はダイエットをバックアップする存在だといえるのではないでしょうか。軽い運動と一緒に実践しなければ、ダイエットを効果的に進めることはできないでしょう。効果的に脂肪燃焼を促進するのに、ウォーキングやストレッチ、ヨガなどの簡単にできる運動もおすすめです。積極的に運動を取り入れながらしそ酢の摂取を続けることで、ダイエットの効果をアップすることができるといえるでしょう。

 

体にとっていきなり激しい運動をするのは負担になり良くないので、はじめは乗り物などに乗らずにいつもより多く歩いたり、ちょっとした有酸素運動を行うのがおすすめです。日々の食事内容を変えていくことも大切です。運動や食生活の改善なども同時に行いながら、しそ酢で脂肪の燃焼を促すようなダイエットをするようにしましょう。

 

 

 

 

 

しそ酢の作り方

多くの種類のしそ酢が現在ダイエットのために使われているといいます。しそ酢は一般に販売されているものでもダイエットに活用できますが、自家製という方法もあります。使うしその葉は赤じそでも青じそでも好きな方でOKです。100枚ほどのしその葉と500mlの黒酢を用意しましょう。きちんとしその葉を洗って、乾燥させるために水分をキッチンペーパーを使って拭きましょう。この作業は案外煩わしいですが農薬が懸念されるのできちんとやりましょう。

 

葉を乾燥させるのは、時間をかけて洗った後です。すり鉢などを使ってしその葉の準備ができたらすり潰す作業をしていきましょう。すり鉢ですり潰してのばしたら、しその絞り汁を作るためにしそをガーゼや布巾などでこします。できあがったしその絞り汁と黒酢をミックスすれば、ダイエットに使えるしそ酢が完成です。出来上がったしそ酢は蓋のついた入れ物にいれて保存しましょう。時間が経つとマイルドになりますが、出来上がったばかりのしそ酢は少し香りが強いかもしれません。

 

実際に飲むときは、飲みやすくするために水で7倍~10倍に薄めましょう。おすすめなのははちみつを加えたり、ドレッシングとしてサラダに利用する方法です。一般的に販売されているしそ酢もダイエットに活用することは可能ですが、けっこう甘味が飲みやすくするために入っていることが多々あります。しそが入っている量が少なめの商品も中にはあるようです。大事なのはしそ酢を買う前に成分表示をきちんと見て、たくさんダイエットに効果的な成分が入っているかどうかを調べておくことです。

 

 

 

 

 

しそ酢を利用したダイエットとは

a1150_000086

 

しそ酢を活用してダイエットをする方法が人気だといいます。しそ酢というのはさまざまな製造法があるようですが、しそを黒酢などのお酢に漬け込むことでしその成分を抽出させるのがよく使われれいる方法です。いったいなぜしそ酢でダイエットが可能なのでしょうか。ロズマリン酸というポリフェノール成分が、多量に含まれているのがしその葉の特徴です。青じそからもロズマリン酸はかなり摂ることができるようですが、赤じそにもたくさん含まれています。

 

脂肪や糖の消化吸収を抑える効果がこのロズマリン酸にはあるといいます。体の中に糖質がいったん摂取されるとブドウ糖に変わり、体内には中性脂肪の形で増加していきます。効果的に糖質をブドウ糖に分解するマルターゼという酵素の働きを抑制することがロズマリン酸にはできるといいます。効果的にダイエットできるのは、ブドウ糖に分解できなかった糖質がより排出できるようになるからだそうです。

 

しそ酢を摂り続けることによって期待できる効果は、脂肪の吸収をセーブして血糖値上がるのを防ぐことだそうです。効果的に脂肪を燃焼できることやクエン酸回路による新陳代謝をアップするの有効なのがお酢の特徴で、お酢の健康効果やダイエット効果は一般的に良く言われることです。体に負荷をかけずに続けて効果的なダイエットが、お酢としそを一緒に摂取することで可能になるといわれているのです。

 

 

 

 

 

発酵食品で行うダイエット方法

様々なダイエット方法が考案されている中、関心を集めている方法に発酵食品を使うダイエットがあります。しょうゆ、味噌、ヨーグルト、納豆などが発酵によって作られたものです。発酵食品を意識して取り入れた食事メニューにすることで、ダイエットや健康によい作用があります。微生物の持つ作用を利用して、食材を食べられる状態にしたり、より美味しくしたりするものが発酵という働きです。

 

牛乳を醗酵させればチーズ、大豆を発酵させれば納豆になります。発酵食品には脂肪の合成を抑えて、体内に脂肪を溜まりにくくさせる成分である必須アミノ酸が含まれています。ビタミンB群のような、エネルギー燃焼に欠かせないビタミンも豊富なことが多いため、発酵食品はダイエットにいいと言われます。酵素が多いことも発酵食品の特色です。摂取することで代謝が高まり、不要な脂肪を体の外にに出していくことができます。

 

ダイエットに発酵食品を生かすのであれば、特定の発酵食品を食べるのではなく、いろいろな食材を摂取します。数種類の発酵食品を併用することで、食材同士のマッチングでダイエット効果がよりはっきりと出ることがあります。ダイエットだけではなく美容にも効果的なのが発酵食品です。発酵食品を上手に活用し、毎日継続して摂取することで効果的にダイエットができる方法だといえるでしょう。

 

 

 

 

 

ヨーグルトを使ったダイエット方法

ヨーグルトを用いたダイエット方法が、最近は人気があるようです。ヨーグルトは発酵食品で、豊富な乳酸菌を含んでいます。腸の状態を正常に整え、腸の働きを活発にすることでダイエットに貢献します。ヨーグルトダイエットを成功させるためには、継続性を維持することが大事です。

 

お気に入りのフレーバーや食味のヨーグルトを見つけることが、ダイエット成功のコツです。ただダイエットを食べていれば痩せるわけではありません。効率よくダイエットをするにはダイエットに向いているヨーグルトを選ぶことがポイントになります。乳酸菌が多く含まれているヨーグルトが、ダイエット効果があります。乳酸菌が腸に到達することで効果を発揮します。体の中には、元々ビフィズス菌が一定量存在しています。腸内で、有害物質を排出する作用を担っているものです。

 

乳酸菌にも色々な種類があり、クレモリス菌という乳酸菌はカスピ海ヨーグルトから摂取できます。血液をきれいにする乳酸菌です。様々なヨーグルトの中から、自分の体やダイエット効果に適したヨーグルトを見つけることで、効率的にダイエットを進めることができるでしょう。ヨーグルトに含まれる乳酸菌は数日間で体外に出てしまうものです。ヨーグルトを毎日食べて、少しずつ摂取するのが良いダイエット方法になります。

 

 

 

フルーツでダイエットする方法

fluets480

 

世間に人気のあるダイエットはいろいろなものがありますが、果物を朝食べることで痩せるというダイエットが注目されています。果物はビタミンやミネラルだけでなく、食物繊維なども豊富に含んでいます。食事のタイミングなどによってダイエット効果を得ることができます。

 

体に蓄積されている不要な成分を体外に出したり、ダイエットに効果的な成分を速やかに吸収するには、フルーツに含まれている酵素がか活躍するといいます。ストレス過多な日々や、カロリー過剰な食生活をしていると酵素が失われていきますが、酵素を減らさないことはダイエットにとって大事なことです。酵素が減少すると肥満や冷え症、肌荒れの原因となってしまいます。体に酵素を蓄えることで体内のビタミンやミネラルも活発に働き血流も良くなります。体の中に蓄積されている毒素を出すことによってダイエットをすることができる酵素は、特に果物に豊富に存在しています。

 

人間の体は、午前4時~正午にかけてが、排出に向けて機能していると言われています。食事の吸収にも酵素は使うため、肉や魚などを食べるとそれらの吸収に酵素が使われていきます。朝食に果物を摂ることの利点は、果物は酵素を使わないことにあります。ダイエットに果物がいいのは、酵素を減らさずに済むこともあります。朝食にフルーツを食べることで体は消化の作業ではなく十分な排泄作業を行ってくれるようになるので、ダイエットに有効な方法になります。朝は積極的にフルーツを食べるダイエットは簡単でおすすめの方法です。

 

 

 

なすレシピ

なすの主な成分は水分と糖質。ビタミンとミネラルの含有量は少ないのですが、あたたまった体温を下げる働きがあるので夏には最適な野菜です。
上手に取り入れて暑い夏を乗り切っていきたいですね。

 

「なすの揚げひたし」
<材料>
なす:2本 めんつゆ:大さじ2 すし酢:大さじ2 小口ねぎ:適量
<作り方>
1.大きさをそろえてナスを切る。水に5分つけてその後水気を切っておく
2.ナスを素揚げする。
3.ナスを揚げたら熱いうちにすし酢とめんつゆを合わせたものに浸す
4.お好みで大根おろし、小口ねぎ、一味をトッピングしてください。またなすだけでなくピーマンも入れてもいいでしょう。

 

「なすとひき肉のケチャップ煮」
<材料>
なす:1本 豚ひき肉:200g しめじ:半パック ケチャップ:おたま1杯分
水:300cc バター:15g
<作り方>
1.ナスは半月切りにししめじもバラバラにしておく。
2.サラダ油でなすを炒める。
3.油がまわったらひき肉を入れ炒め、さらにしめじも加える
4.全体に火がまわったらケチャップをいれ混ぜる。
5.水を入れバターも入れて溶かす。水分が飛ばして味がしみこんできたら完成

 

「なすと豚バラの味噌炒め」
<材料>
なす:3本 ニラ:一袋 豚バラ肉:200g
調味料 味噌:大さじ1 醤油:大さじ2 砂糖:大さじ3 酒:大さじ1 だし汁:100ml おろししょうが:1かけ
<作り方>
1.ナスは乱切りにして水につけその後水分を切っておく
2.豚バラ肉とにらを食べやすい大きさにきっておく。調味料を合わせておく
3.ナスを炒める。しんなりしてきたら一旦取り出しておく
4.豚バラを炒め、焼き色がついたらなすを戻し合わせておいた調味料を回しいれる
5.ニラを入れ炒めた後仕上げにごま油をお好みで。

 

「なすのめんたいこチーズのせ」
<材料>
なす:1本 明太子(たらこでも):1腹 とろけるチーズ:2枚 パセリ:少々
油:大さじ1
<作り方>
1.なすを2cmくらいの輪切り、油と混ぜておきます。
2.フライパンにナスを並べ両面を軽く焼きます。
3.切った明太子をナスの上にのせさらに切ったチーズをのせる
4.蓋をして弱火で焼きます。
5.パセリをのせて出来上がり

 

 

白菜レシピ

白菜は栄養価が低いといわれる淡色野菜ですが実はビタミンやミネラルがバランスよく含まれていて栄養があります。
白菜のビタミンは水溶性なので鍋料理などに入れるときは煮汁ごと栄養をしっかり取り入れましょう。
特に冬にはかかせない野菜ですね。ぜひ美味しく食べてください。

 

「ロール白菜」
<材料>
白菜:6枚 豚ばら肉:12枚 固形コンソメ:2個 塩こしょう:少々
<作り方>
1.白菜は茹でて柔らかくして軽く水分をしぼっておきます。
2.豚バラ肉を2枚少し重ねるような感じで並べその上に白菜1枚をのせ、手前からくるくると巻きます。
火を通すと豚肉がしまってくるので楊枝などで留めなくても大丈夫です。
3.お鍋に2を並べ材料がかぶるくらいの水で火をかけコンソメ2個を加えます
4.塩コショウで味を整える
5半分に切って器に盛ったら完成

 

「白菜の中華スープ」
<材料>
白菜:8分の1個 人参:中1本 まいたけ、しめじなど:2分の1パック 卵:1個 ごま油:適量 水:400cc 鶏がら:大さじ2 酒:大さじ1 水溶き片栗粉:適量 塩コショウ:適量
<作り方>
1.白菜と人参を食べやすい大きさに切る
2.ごま油をひいた鍋で野菜を炒め、水と鶏がら、酒を加える
3.ぐつぐつ煮込んだら塩コショウで味を整える
4.水溶き片栗粉でとろみをつけてから溶き卵を流しいれる

 

「白菜サラダ」
<材料>
白菜:4分の1 塩:小さじ2分の1 トマト:1個 きゅうり:1本 たまねぎ:2分の1個 ニンニクオリーブオイルまたはオリーブオイル:適量 胡椒:少々
<作り方>
1.白菜は2cmくらいに切り、たまねぎはスライス、きゅうりとトマトは角切りしておく
2.切った白菜をボールに入れて塩をまぶして手で揉み混ぜます
3.たまねぎときゅうりを2に加え混ぜ、その後トマトを投入、オリーブオイルで混ぜます
4.胡椒で味を整る。味が足りなかったら塩を足してください

 

 

ほうれん草レシピ

栄養価の高い野菜といわれているほうれん草は一日に必要なβーカロテンと鉄分3分の1の摂取量をの100gで補うことができます。
さらに鉄分の吸収を助けるビタミンCも豊富なので鉄分不足解消に効果的です。
苦手な方も多いかと思いますが健康のためにぜひ食べてください。

 

「ほうれん草といかの酢みそ和え」
<材料>
ほうれん草:一袋 いか:1パック 味噌:大さじ2 牛乳:大さじ2 お酢:大さじ1 砂糖:大さじ2
<作り方>
1.調味料を混ぜ合わせる。ほうれん草はさっと茹でる。
2.お湯にお酒を少しいれイカを茹でる
3.色が変わったらざるにあげる
4.よくしぼったほうれん草といかを1とまぜたら完成

 

「あさりとほうれん草のパスタ」
<材料>
ほうれん草:40g パスタ:90g あさり:9個 塩:適量 生クリーム:80g パルミジャーノ:20g
<作り方>
1.あさりをあけて殻をとる
2.フライパンにほうれん草とあさりをいれ、生クリームを加えて軽く煮立たせる
3.パスタを硬めに茹で、2に入れる
4.火を止めてからパスミジャーノを入れる

 
「ほうれん草とウインナーのココット焼き」
<材料>
ほうれん草:茹でたもの200g ウインナー:2本 バター:10g 塩コショウ:少々 パン粉:適量 マヨネーズ:適量
<作り方>
1.ウインナーは食べやすい大きさにきる。ほうれん草はさっと茹でる
2.バターで1を軽く炒め塩コショウをする
3.ココットに2を入れパン粉とマヨネーズをかけてトースターでこんがり焼く
チーズものせたり、マヨネーズに茹でたまごを混ぜタルタルソースにしても美味しそうですね。

 
「ほうれん草のクリームスープ」
<材料>
ほうれん草:50g バター:小さじ1 牛乳:500cc 塩コショウ:適量 塩:適量
<作り方>
1.熱いお湯に塩を加え、ほうれん草を茹でます。茹で上がったら流水で冷やし、水分を絞ります。
2.牛乳を50~100cc、1とミキサーにかけます。
3.残りの牛乳とバターを鍋に入れ温める
4.2を鍋に入れ、塩コショウで味を調え完成

 

 

大根レシピ

大根には消化を助けるジアスターゼやアミラーゼという酵素が豊富に含まれています。ジアスターゼは熱に弱いので大根おろしにすることで効果がでます。焼き 魚や焼肉に大根おろしが添えられているのは味だけでなく体にもいいということなんですね。葉の部分にも栄養素がたくさん含まれているので残さず使い切りた いですね。

 

「大根とオクラのサラダ」
<材料>
大根:幅5cmくらい オクラ:3本 かつおぶし:適量 きざみのり:適量
わさび:お好みで ポン酢:適量
<作り方>
1.オクラは茹て輪切りに、大根は千切りにする(真ん中あたりなら辛くない)
2.大根、おくら、かつおぶし、きざみのりの順に盛り付けます。
3.ポン酢をかけて召し上がってください。めんつゆでも美味しいです。
納豆を加えるのもおすすめです。

 

「大根と鶏肉の煮物」
<材料>
大根:3分の1 鶏肉:60g こんにゃく:一袋 砂糖:大さじ1
みりん:小さじ1 しょうゆ:大さじ3 一味:お好みで
<作り方>
1.大根と鶏肉は一口サイズに切る。こんにゃくも一口サイズにちぎっておく
2.お鍋に鶏肉と大根を入れて煮る。
3.煮立ったらこんにゃくを入れ色が変わったら調味料を加え味を調える

 

「ぶり大根ステーキ」
<材料>
大根:2分の1本 ぶり:2切れ ぶり漬け込み用:しょうゆ、酒、みりん各大さじ2分の1  醤油:大さじ2 酒:大さじ2 みりん:大さじ2 砂糖:大さじ1
<作り方>
1.ぶりは漬け込み用の醤油、酒、みりんに漬けておく
2.大根は2cmの厚さに切り、下茹でする。醤油、みりん、酒、砂糖を混ぜておく
3.熱したフライパンに油をひき、水気をきった大根を入れ両面焼き色がつくまで焼き、お皿に取り出す。
4.再度フライパンに油をひいて、ぶりを入れ、両面に焼き色をつける。
5.ぶりに焼入れがついたら混ぜておいた調味料を入れたれをにつめる
6.たれがとろりとしてきたら火を止めて皿にぶりと大根を盛り全体にたれをかける